2011年12月25日日曜日

CM4IS01と1.6のデュアルブート化してみた。


デュアルブート化してみました。
1〜4はCM6byDevRenax-06242011-IS01よりも新しいのが出た時にそれを使ってやればいいんだと思う。
だから現時点(2011/7/4)では5〜9だけやればいいのかな、たぶん。

つまり、用意するもの半分ぐらいがいらない。

パーミッション関係のところで"permission denied"となる場合は、chmodで権限与えてやればいけるはず。

mkbootimgはwikiのfroyoのバイナリに含まれてたのでそれを使った。

    [Ubuntu] 
  1. 7zipを展開
  2. CM6byDevRenax-06242011-IS01 +- system.tar +- ubi_boot.img
  3. UBI解凍。RAMDISKを展開
  4. $ unubinize.pl ubi_boot.img
    $ split_bootimg.pl ubi_boot.img.out
    $ mkdir ramdisk
    $ cd ramdisk
    $ cat ../ubi_boot.img.out-ramdisk.cpio | cpio -i
    
  5. init.rc編集。マウントポイント削除
  6. $ patch -i ../init.rc.patch
    $ rmdir system
    $ rmdir data
    $ cd ..
    
  7. UBI化
  8. $ rm -rf ramdisk/*‾
    $ mkbootfs ramdisk > my_ramdisk.img
    $ mkbootimg --kernel ubi_boot.img.out-kernel --ramdisk my_ramdisk.img --cmdline "console=ttyMSM2,115200n8 androidboot.hardware=qcom" --base 0x20000000 -o my_mkboot.img
    $ sudo apt-get install mtd-utils //ubinizeが入ってないなら。
    $ ubinize -o cm4is01_boot.img -p 128KiB -m 2048 -O 256 ubi.cfg
    
  9. IS01へコピー
  10. $ adb push cm4is01_boot.img /sdcard
    $ adb push system.tar /sdcard
    $ adb push system_mod.sh /sdcard
    $ adb shell
    
    [IS01] 
  11. ROM焼き。ディレクトリ配置
  12. $ su
    # flash_image recovery_wr /sdcard/cm4is01_boot.img
    # mkdir /data/cm4is01
    # cd /data/cm4is01
    # tar xvf /sdcard/system.tar
    # sh /sdcard/system_mod.sh
    # ./system/bin/fix_permissions_mod
    # mkdir data
    # mkdir cache
    
  13. CM6forIS01起動
  14. # reboot recovery
    
  15. 実行権限設定
  16. 端末エミュレータにて
    $ su
    # fix_permissions
    
  17. adbで接続できない場合は
  18. # echo 1 > /sys/devices/platform/msm_hsusb_periphera/qxdm_enable
    
Source:http://hotfile.com/dl/122581067/be79e6f/CM6byDevRenax-06242011-IS01_patch2.7z.html

Google+ Community